So-net無料ブログ作成

ダウン症とは?新生児の特徴

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_m.jpg

新生児のダウン症の特徴とは?
簡単な説明は
前回のダウン症とは?症状とは?についてで紹介しました。

新生児の段階ではダウン症の症状が見られずに
3日~5日程、長いと三か月診断で
ダウン症とお医者さんに言われた・・・
そんなケースも多々あるようです。

今であれば検査で事前に診断できますが
少し前まで、そうもいきませんでしたからね・・・。

では、
新生児の段階で分かるダウン症の症状とは?
以下に、まとめてみました。
スポンサーリンク



新生児のダウン症の症状とは

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_m.jpg
新生児の段階では
事前に告知または生まれてすぐに
お医者さんから言われない限り
自分では「ダウン症」なのか判断できないでしょう。

ですが、新生児の段階でも表れる症状があります。

・体や皮膚が柔らかい
初産の場合は分からないかもしれませんが
経産婦の方の話では
一人目より皮膚が柔らかく違和感を感じたそうです。


・生まれて直ぐでもはっきりした二重
一重や二重であるかは、ある程度時間が経たないと分かりませんが
ダウン症である場合は、くっきりとした二重であるため
生まれて直ぐでも分かる場合が多いようです。


・耳の位置や鼻根部の低さ
一般的に生まれた直後では、
顔も整っていないので判断は難しいですが
医者や助産婦であれば何となく分かるそうなので
検査前にどうしても気になる方が居れば聞いてみると良いでしょう。


・おとなしい
新生児の段階では、
どんな子も、「おとなしい」ですが
より「おとなしい」と感じた人が多いようです。


・力が弱い
ミルクを飲む力も弱く
「殆どミルクを飲まないので変だな?」と思ったら
ダウン症だった・・・というケースもあります。
これは新生児に限らずダウン症の場合、
筋力が通常より少ないから起きる事です。


色んな人の話を聞いてみると

・生まれて直ぐ何か違和感を感じた

・言われるまで分からなかった

と二つの意見に分かれる事が分かりました。


これはダウン症に関する関心や知識の差では無く
症状の重さや軽さから来るものであると思います。


事前に検査を

bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s.jpg

今は事前にダウン症か検査できます。
この検査に関しては賛成や反対の声が多くあります。

それは事前にダウン症と分かった場合は
子供を産まない選択をする夫婦が多いからでしょう。

この考えに関しては、私個人が何かを言うつもりは無いです。


なぜなら、どちらの声も見て聞いてきたからです。

ダウン症の子を育てながら幸せそうなお母さんも
ダウン症の子を育てながら不幸そうなお母さんも

どちらも見てきたからです。


ですが、

検査自体は是非受けて欲しいと思います。

これから生まれる子供の事を考える時間や夫婦で話し合う時間は
少しでも多い方が良いですからね。



この記事を読んだあなたにオススメの記事です^^

 ⇒新生児がダウン症とはいつ分かる?

 ⇒ダウン症とは胎児の段階でどんな特徴が?

 ⇒ダウン症とは?症状とは?について

 ⇒ダウン症の顔の特徴が出ない場合もある?

 ⇒ダウン症の顔が同じなのはなぜ?

 ⇒ダウン症の顔とは?赤ちゃんの顔は?



スポンサーリンク




2014-08-16 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ダウン症とは?特徴や症状の情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。