So-net無料ブログ作成
検索選択

ダウン症の検査はいつから?

down-kennsa

ダウン症の検査はいつからできるかご存知でしょうか?
この記事では「費用」「リスク」「検査の種類」
詳しく解説しています。

今妊娠中の方も、
これから妊娠する方も、
出産後の方も

ダウン症の検査とは、どういったものか?
是非、知ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク



検査費用や種類やリスク

down

一口に検査と言っても
いくつかの種類があります。

それぞれがメリット、デメリットを持っていますので
検査を考えてる方は

一度どれが自分に良いのか?

を考えるキッカケになればと思います。


では検査の種類から解説します。


まず現在、主流になっている「出生前診断」

この検査は血液検査から調べる事ができ
母体に負担をかけずにできるため
多くの方が検討するのでは無いでしょうか?

この検査では10週と早い段階から検査が出来ますが
100%の確率で分かる訳ではない事と
費用が約20万円と高額なのがネックになります。

しかし、今後は更に精度も上がり
費用も安くなるのではないか?と言われていますので
数年後はこちらが主流となるでしょう。



次が「羊水検査」になります。

こちらは腹部に注射をして
羊水内の胎児の細胞から検査をします。

15週を超えたぐらいから検査が可能です。
精度で言えば、ほぼ100%で分かりますので
確実を求める方はコチラを選択するそうです。

費用は病院によって違いますが
出生前診断に比べて少しばかり安く検査が出来ますので
抵抗が無い方はにはオススメかもしれません。



次は、やや聞きなれない「絨毛検査」

胎盤が出来る前の絨毛を採取し
検査をします。

11週を超えたぐらいから検査ができますので
羊水検査よりは早く結果を知ることができます。

費用は、出生前診断と殆ど変らない金額。
精度は羊水検査と同じぐらいですが
結果が出るまで2週間は超えるので
どれの検査が良いか?を夫婦間で良く話し合って頂けたら幸いです。



この記事を読んだあなたにオススメの記事です^^

 ⇒新生児がダウン症とはいつ分かる?

 ⇒ダウン症とは胎児の段階でどんな特徴が?

 ⇒ダウン症とは?新生児の特徴

 ⇒ダウン症とは?症状とは?について



スポンサーリンク




2014-08-26 | 共通テーマ:育児 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ダウン症とは?特徴や症状の情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。